スタッフブログ|練馬・西東京・新座周辺の地域密着工務店のタカミ住建に家づくりの事はお任せ下さい!

タカミ住建 ずっと安心の家づくり HOME 資料請求・お問い合わせ
スタッフブログ HOME ブログトップに戻る

家らしくなってきましたよ

こんにちは。
小池です。
Y様邸の進行状況です。
耐火ボードが内側の壁全面に貼られました。
この上にクロスを貼っていくわけです。
1月18日1.JPG
1月18日2.JPG
1月18日3.JPG
1月18日4.JPG
耐火ボードが入ると随分家らしくなりますね。
大工さんもとても頑張ってくれています。
このままいくと、予定よりも早い仕上がりになりそうです。
Y様が見に来られたのですが、家の内部がより具体的に見えてきたことで、どこに何の家具を置こうとか、テレビをここに置いて、誰がここに座って・・・等とうれしそうに話しておられました。
そして、話をする中で、今までは気づかなかった点が見えてきたりしています。照明やコンセントの変更も出てきそうです。
可能な限り、お客様のご要望に答えていきたいと思います。
さあ、まだまだ家造りは続きます。
気を引き締めて、頑張ります!
お問い合わせは、タカミ住建かわいい

階段入りました!!

こんにちは。
小池です。
Y様のお宅の新築工事もどんどん進んでいます。
1月16日.JPG
いよいよ階段が設置されました。
階段.jpg
見てわかりますか?
段差の高さがなだらかになっています。
ゆるやかな回り階段です。
高齢のY様が登りやすいように、段差の高さにはこだわり、万が一、階段から落ちることがあっても、下まで落ちるのを防止するためにあえて、回り階段の形状にしました。
高齢者の方ばかりのためだけではなく、今は大丈夫な方でも、将来のことを考えた場合、手すりをつけるだけではなく、登りやすい階段造りを考えることはとても大切なことだと思います。
「住む人みんなに優しい家造り」のためのこだわりの一つです。
そしてもうひとつ、無垢の板で造られた下駄箱も届けられました。
下駄箱のドアの部分です。
大工さんの手で下駄箱に仕上げられます。
ドア.JPG
室内のドアにも無垢の一枚板でできたドアを入れますが、今からとても楽しみです。
これも皆さんに是非見ていただきたいものの一つです。

サイディング

こんにちは。
小池です。
新築工事中のY様邸。
サイディング張りの工事が始まりました。
サイディングとは外壁の一種ですが、今では、一般的になりましたね。
塗り壁とは違う、利点がたくさんあります。
当社タカミ住建では長い年月が経っても不都合が出にくいようにと15mmの厚さのサイディングを使用しています。
サイディングを張るための下処理を行い、
その上にサイディングを張っていきます。
サイディング1.JPG
 
サイディングを取り付けるために、専用の金具を使用します。
この金具で、しっかりと固定していくわけです。
ビスで止めることもできますが、サイディングに負担がかかりにくいように、金具止めを使用しています。
サイディング3.JPG
サイディングはサイディング専門の職人が行います。
事務員のA子さんは、これも大工さんが施工すると思っていたそうですたらーっ(汗)
サイディング2.JPG
外壁が張られてくると、より家らしくなってきますね。
立派な家に仕上がっていくのが、今からとても楽しみです。

構造見学会開催しました

あけましておめでとうございます。
小池です。
2008年度第一回目のブログです。
今年度の仕事初めは、Y様邸をお借りしての『骨太構造見学会』の開催でした。
1月4日・5日のお正月休みの中、開催させていいただきました。
新築工事中のY様邸をお借りしての『骨太構造見学会』は今回で2回目になります。
 (詳しくはこちらを見てください。)
1月4日は、とても暖かな日で、絶好の見学会日よりでした。
(5日は午前中少々寒かったのですが、午後は日が照ってきたせいか、午後にお見えになる方が多かったです。)
構造見学会11.JPG 構造見学会12.JPG
今回も大勢のお客様に来ていただきました。
今回は、前回も来ていただいたお客様がもう一度来てくださったり、ご家族連れでお見えいただいたり、遠くからもお越しいただくなど、前回とはまた違った形でのお客様のご来場をいただくことができ、本当に感謝しております。
(至らない点もあったと思います。申し訳ありませんでした。)
前回はまだ構造合板(内壁)が張られてなかったのですが、今回は断熱材も入り、一部フローリングも張られ、より家らしくなった様子をご覧いただきました。
会場の様子です。
構造見学会16.JPG
構造見学会18.JPG
構造見学会17jpg.jpg 無垢で出来た室内ドアの見本です。
 普通室内ドアは合成の板(接着剤で貼り合わせてあります)で出来たものを使用することが多いのですが、
当社ではできるだけ無垢の素材にこだわっていきたいと思っています。
各展示場やモデルハウスを始め、出来上がった家をご覧いただく機会はよくあると思うのですが、今回のような構造を見ていただく機会というのは、あまりないのではないかと思います。
ご来場いただいた方は皆さん、「桧(ひのき)はやっぱりいいですね。」とおっしゃってくださいました。
(中には、「本当にチラシの通りかどうか確かめに来た」とおっしゃっていた方もいらっしゃいました(笑))
桧(ひのき)を使った家を建てている建築会社はたくさんあります。
それはやはり、桧という木の素晴らしさが広く認められているからに他ならないと思います。
当社、タカミ住建は今年も強くて丈夫な桧の家を建て続けていきたいと思っています。
しかも「いいのはわかるけど価格がね…」という訳のわからない高い家ではなく、きちんと説明のできる、適正な価格でご提供させていただきたいと思っています。
そして、ただ安いだけの家でもなく、住む人が安心して笑顔で暮らしていける、しっかりとした家を造っていきます。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
そして、この一年も皆様にとって幸せな素晴らしい年となりますように、心からお祈りさせていただきます。

お問い合わせは、タカミ住建へ
  タカミ住建HP http://takami-juken.com/ 
メールアドレス info@takami-juken.com


仕事収めと構造見学会

こんにちは。
小池です。
今日で今年は最後の仕事になりました。
午前中は現場に行き、休み前までに仕上げておくことの最終確認を大工さんとしました。
今日は比較的暖かかったので、仕事もやりやすかったです。
午後は、まだ伺っていなかったお客様の家へあいさつ回りをし、その後大掃除をしました。
あまり広くない事務所ですが、いざ掃除をするとなると、やはり大変です。
エアコンのフィルターを洗ったり、入口のサッシを掃除したり、普段はどうしても手を出さずにいる場所を重点的に。
最後は、観葉植物の水遣りをして終了です。
その後、新年1月4日・5日に行う『骨太構造見学会』の準備に行ってきました。
実は、この間の構造見学会が好評だったので、もう一度Y様のお宅をお借りして、見学会をやることになったのです!  
(詳しくはこちらをご覧ください)
Y様のお宅の新築工事は順調に進んでいます。
構造合板が入ったので、ずいぶん家らしくなってきました。
桧の柱を見ていただける最後のチャンスとなります。
是非皆さんに来ていただきたいと思っています。
構造合板が入り、一部断熱材も入れられ、ユニットバスも設置されました。
前回来ていただいた方は、その後どのように進んでいっているのかを、確認していただきたいと思います。
そして、もう一度4寸の桧(ひのき)の柱のすごさをご覧いただきたいと思います。
12月29日.JPG
大手の住宅展示場のような、派手なイベントをすることはできませんが、実際の家と私の家づくりへの熱い思いを、皆様にお伝えしたいと思います。
お正月休みの貴重な時間ですが、是非起こしください。皆様にお会いできるのを楽しみにしております。
そして、今年も一年間、本当にありがとうございました。
ブログを始めて、約4カ月経ちましたが、読んでくださった皆様、本当にありがとうございました。
来年も、「お客様の笑顔のために」一生懸命頑張っていく覚悟です。
これからも、どうぞ宜しくお願いします。
皆様、良いお年を!!

JIOによる外装下地検査でした

こんにちは。
小池です。
今日も寒かったですね。暖房がない現場は本当に寒いです!!ふらふら
このような時期でも外で働いている皆さん、本当にご苦労様です。
今日はY様のお宅の新築工事の、JIOによる3回目の検査の日でした。
検査の項目は『外装下地検査』です。
雨漏りを防ぐための防水処理がきちんと施されているかの検査です。
現在のY様のお宅の様子です。
家全体に防水シートが貼られました。
白いのが防水シートですね。
12月28日1.JPG 12月28日2.JPG
JIOの検査員による検査の開始です。
家の周りをくまなくまわり、防水シートの貼り忘れや、不十分なところがないかを検査します。
JIO外装下地検査1.JPG
JIO外装下地検査3.jpg
JIO外装下地検査2.JPG
女性の方でしたが、家の周りを1階から2階、ベランダへと移動し、シートの重ね具合をてきぱきと確認しながら検査をしていました。
手直しが少々ありましたが、その場で職人に伝え施工を行い、無事に合格をいただきました。
早いものでもう3回目の検査が終わりました。
出来上がってからは見えなくなってしまう、家を支える大切な部分に関しては、全て合格ということです。
後は完了検査のみ。
完成まで気を抜かずに、頑張っていこうと大工さんをはじめ、職人たちと話をしました。
今年は明日で終わりです。
良い仕事納めをしたいと思っています。

Y様邸、進行状況

こんにちは。
小池です。
Y様のお宅の進行状況をお伝えします。
まず最初にしっかりと形が出来上がったのが屋根です。
モスグリーンのカラーベストコロニアルを葺きました。
12月27日4.JPG
初めにに屋根が出来上がることで、多少の雨が降っても工事の妨げにはならないように、家を守ってくれるわけです。
そして大きな変化としては、玄関ドアが取り付けられました。
12月27日1.jpg
Y様のお宅の玄関ドアは引き戸になっています。
和式造りの家ではよく見受けられますが、
洋風の造りのお宅では、まだまだ珍しいのではないでしょうか?
奥様が足が不自由なため、将来車椅子になっても大丈夫なように、使いやすい引き戸にしました。
病院などでは多く取り入れられていますね。
ご高齢の方にも優しい住宅として、引き戸のドアは今後見直されていくのではないかと思います。
ユニットバスを設置しているところです。
ちょっと楽しい絵柄だったので、撮ってみました。
12月27日2.jpg
換気口が取り付けられています。
12月27日3.jpg
着実にひとつひとつ工事は進んでいっています。
ずいぶん家らしくなってきました。
明日はJIOによる「外装下地検査」もあります。
家が出来上がっていくのは楽しみでもある反面、多くの業者、職人の手が加わる分、間違いが起きないように細心の注意が必要になってきます。
全てを把握し、取り仕切るのが私の仕事です。
責任重大です。
気を引き締めて明日も仕事に向かいます。

サッシの枠が入りました

こんにちは。
小池です。
Y様の新築工事の様子です。
リビングの窓にサッシの枠が入りました。
高さが2mあります。
12月21日1.JPG
サッシはサッシを専門に行う業者の職人が来て、施工します。
12月21日2.JPG
事務員のA子さんは
「家を建てるのって、大工さんが全部やるんだと思っていた!」
と入社した頃言っていましたが、家を1件建てるには、本当に様々な人の手が加わります。
延べにすると何人になるのでしょうか。
みんなが一生懸命自分の仕事を確実に行うことで、良い家が出来上がってくるのです。
今日は『冬至』ですね。
一年で一番夜が長い日です。
ゆず湯に入ったり、かぼちゃを食べたりするご家庭もあるのではないでしょうか?
A子さんがまた言ってます。
「今日の夜が一番長いということは、これからはどんどん夜がが短くなっていくということですよね?
日が長くなって、暗くなるのも少しずつ遅くなって・・・、
春に近づいていくって事ですよね。うれしいですね
わーい(嬉しい顔)かわいいるんるん
寒さが苦手な私も、まったく同感です。
でも寒さはこれからが本番!
寒さなんかには負けずに、
良い家を造るために頑張ります!!わーい(嬉しい顔)

JIOによる構造体検査!!

こんにちは。
小池です。
今日はY様のお宅の新築工事の、JIOによる2回目の検査の日でした。
検査の項目は『構造体検査』です。
接続部分の金物が全て取り付けられ、耐力壁(構造用合板)・床板が張られ、防腐防蟻処理が行われたところで、JIOの検査を受けます。
Y様のお宅はすでに構造合板が張られ、家らしい形になってきました。
07122111.DSCF1545.JPG
さあ、JIOの検査員による検査です!
今回もやっぱりドキドキです。
(でも、ちゃんと規定通りに施工を行っているので、大丈夫です!)
JIO構造検査1.JPG 基礎の部分のコンクリートの
 強度を測っています。
 基準値をきちんとクリアした数値
 を示すことができました。
 (良かったぁ!)
レーザー水平器を使って家が水平に造られているか、柱が垂直に建てられているかと検査します。
右側がレーザー水平器です。
JIO構造検査2.JPGJIO構造検査3.jpg
赤いレーザーが見えますか?
(見えにくいですね・・・すいません。)
JIO構造検査4.jpg 
JIO構造検査5.jpg
これも合格です。
遣り方(11月24日参照)のときに、私も大工と一緒にレーザー水平器を使って、家が間違いなく、水平・垂直に建つように、ひとつひとつ計測しながら、基礎造りを行ってます。
家の最も大切な部分ですから、うるさいぐらいに細心の注意をはらっています。
JIO構造検査6.JPG 金物が、全てにしっかり止められているかを
 ひとつひとつチェックしています。
JIO構造検査7.JPG 床下の鋼製束(こうせいづか)がきちんと施されているか
 チェックしています。
 (12月12日参照)
JIO構造検査8.JPG 材木の乾燥度をチェックしています。
 25%以下が基準です。
隅々まで、本当に細かく検査をしてくださいました。
無事合格です。
検査に一発で合格しましたが、まだまだこれからです。
気を緩めることなく、最後の最後まで責任とプライドを持って、お客様のためだけに安全・安心な家づくりを、行っていきます!!

新築工事進んでいます

こんにちは。
小池です。
12月の構造見学会が無事に終わり、ほっとしている間もなく、Y様の新築工事は続いています。(当たり前です!)
窓枠ができてきました。
窓枠2.JPG 東側の浴室と洗面所の窓になります。
  
窓枠1.JPG 南側のリビングの窓枠です。
 暖かい日差しが差し込んでいます。
大工の小林さんです。
彼は一人で1件の家を造ってしまいます。腕も良いし仕事も丁寧で、信頼できる職人さんです。
大工1.JPG 大工2.JPG
その彼が、「社長、やっぱり桧はいいっスね!」
      「柱ががっしりしていて重いっスよ!」

とニコニコ笑って言っていましたわーい(嬉しい顔)
施主のY様が家の様子を見て「これは頑丈そうだ」と話された時、
すかさず、
「頑丈そうじゃなくて、本当に頑丈ですよ!」わーい(嬉しい顔)
と答えていました。
毎日たくさんの家を造っている大工が言うのだから、間違いないとY様にも思っていただけたようです。
屋根の工事も始まりました。
屋根1.JPG 防水シートを張っているところです。
屋根2.JPG ブルーの部分が防水シートで、
 黒っぽい部分がカラーベストコロニアルです。
 
工事は着々と進行しております!!
さあ、明日からも頑張ろう!!


【施工対応可能エリア】
■東京都
練馬区・杉並区・西東京市・武蔵野市・三鷹市・調布市・ 小平市・ 国分寺市・小金井市・清瀬市・東久留米市・東村山市
■埼玉県
新座市・朝霞市・和光市・志木市・所沢市・富士見市・三芳町

タカミ住建TOPページ

〒 178-0064 東京都練馬区南大泉 5-27-21[アクセス]
TEL:0120-956-900(フリーダイヤル)
定休日:日曜・祝日
※定休日でも事前にご予約いただければ対応させていただきます