スタッフブログ|練馬・西東京・新座周辺の地域密着工務店のタカミ住建に家づくりの事はお任せ下さい!

タカミ住建 ずっと安心の家づくり HOME 資料請求・お問い合わせ
スタッフブログ HOME ブログトップに戻る

内部工事

こんにちは。
小池です。
S様邸の新築工事は、毎日着々と進んでいます。
今は、室内の壁に断熱材を入れ、その上に石膏ボードを張り付ける作業を主に行っています。
当社の造る家の断熱材の厚みは100mm。
断熱効果、防音効果にかなり優れていると思います。
でもこの断熱材、ただ入れればいいというものではありません。
断熱なのですから、隙間ができないように施工しないと、意味がないわけです。
特に配管やコンセントなどを設置するためにできてしまう小さな隙間がくせものです。
こういう細かいところまで気を使って施工するかが重要です。
大工さんにとっては、ちょっと面倒な部分です・・・。
隙間が極力できないように施工しています。
こんなところも注意して見てください。
P1000913.JPG
部屋の壁にも石膏ボードが張られていっています。
後日、この上にクロスを張るわけです。
P1000936.JPG
2階の工事も進んでいます。
P1000915.JPG
どんどん部屋らしくなってきていますよわーい(嬉しい顔)
ベランダにもサイディングが張られています。
P1000919.JPG
家の内部の工事も外部の工事も順調ですわーい(嬉しい顔)
完成予定は7月下旬から8月上旬です。
そろそろS様には、どのようなクロス(壁紙)にするのかを決めていただこうと思います。
家づくりの楽しみは、まだまだ続きますよ!るんるん
練馬周辺で注文住宅をお考えの方はタカミ住建へ
→タカミ住建HP http://www.takami-juken.com/ 

メールアドレス info@takami-juken.com
 
フリーダイヤル 0120-956-900
電話番号 03-5935-1177
FAX番号 03-5935-1188



断熱材とシステムバス

こんにちは。
小池です。
S様邸の新築工事の続きです。
天井に石膏ボードが張られました。
もう天井の梁などは見えなくなってしまいましたね。
でも、見学会では穴の開くほど皆さんに見ていただいているので、大丈夫でするんるん
P1000897.JPG
P1000898.JPG
断熱材も入りました。
100mmの厚さがあります。
天井にも入っています。この断熱材が家を囲んでいるのです。
100mmの厚さは、家の断熱や防音効果が本当に違いますよ!
普通は50mmや75mmを入れることが多いようなのですが、当社ではこの100mmにこだわっていますわーい(嬉しい顔)
P1000906.JPG
そして今日、いよいよシステムバスが入りました!
システムバスというのは、工場で予め作ってあり、それを組み立ててはめ込んでいくのです。
ここが浴室になる場所です。
ここにシステムバスが入ります。
P1000854.JPG
施工中です。
P1000908.JPG
システムバスが設置されました!ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
床などは傷がつかないように、養生をしてあります。
P1000912.JPG
浴室が入ったところを、S様にもご覧いただいたのですが、とっても喜んでいただきました。
「ホテルみたいだねぇ~」って黒ハート
ひとつひとつ見える形で出来上がってくると、うれしいものですよね。
このお風呂に入るのを楽しみに、完成までもうしばらくお待ちください。
良い家ができますよ!!わーい(嬉しい顔)
練馬周辺で注文住宅をお考えの方はタカミ住建へ
→タカミ住建HP http://www.takami-juken.com/ 

メールアドレス info@takami-juken.com
 
フリーダイヤル 0120-956-900
電話番号 03-5935-1177
FAX番号 03-5935-1188



構造見学会を開催しました!!

こんにちは。
小池です。
13日(土)と14日(日)にS様邸の現場をお借りして、構造見学会を開催しましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
天候が心配だったのですが、2日間とも雨が降ることもなく、無事に行うことができました。
また、大勢のお客様に足を運んでいただきました。
本当にありがとうございますわーい(嬉しい顔)
会場に置く展示物は前の日に運んでおき、当日の朝にセッティングを行いました。
どうすれば、来られたお客様にわかりやすくお伝えすることができるかを考えて・・・。
P1000876.JPG
P1000868.JPG
P1000839.JPG
こういう見学会では、お客様には自由に見ていただいて、質問があるときだけ聞いていただけばいいのではないかと思っています。
会社の人間が側にずっといられたら、やっぱり嫌だと思うんですよね。
でも、来てくださった方に「いい家ですね。」
なんて言われると、ついうれしくなって、
しゃべっちゃうんですよねわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)グッド(上向き矢印)
来てくださったお客様皆さんが、桧(ひのき)の良さを本当に誉めてくださいました。
集成材を使用しないで、全て無垢(むく)の木を使っていますから、嫌な(接着剤の)ニオイもありません。
また、柱や梁一本一本がしっかりと(耐震の)金具で止められているのを確認されると、一様に感心されておられました。
今の家は本当に丈夫に造られています。
もちろん手抜き工事なんて間違ってもしていませんから、自信を持ってご覧いただきました。
P1000841.JPG
P1000848.JPG
今回はチラシを見てこられたお客様のほかに、ホームページを見て遠くから来てくださったお客様もいらっしゃいました。
「構造見学会を開くことができるということは、本当に自信があるからだと思います。」と言うこともおっしゃっていただき、私の方が感激してしまいました。
私はただ、住まわれるお客様が安心して暮らしていけるように丈夫でしっかりとした家、間取りにも気を配られた日々の生活がしやすい家を建てて、お客様に喜んでいただきたいだけなんです。
そのためのしっかりとした骨組みであり、きっちりとした施工であり、きれいな現場があるのだと考えています。
これからは完成にむけて、どんどん工事が進んでいきます。
ドンドン変化していきます。
7月下旬か8月上旬には完成見学会も開く予定です。
どのような家に仕上がったかをどうぞ見に来てください。
そしてまた、「良い家だなぁ~!」と言ってください。
そう言っていただけるように、職人達とともに、力を合わせて頑張っていきます。
ご来場してくださった皆様、本当にありがとうございました!わーい(嬉しい顔)
また、今回来られなかった方も、次回はぜひいらしてください。
心よりお待ちしております!わーい(嬉しい顔)
練馬周辺で注文住宅をお考えの方はタカミ住建へ
→タカミ住建HP http://www.takami-juken.com/ 

メールアドレス info@takami-juken.com
 
フリーダイヤル 0120-956-900
電話番号 03-5935-1177
FAX番号 03-5935-1188



防水シートと階段取り付け

こんにちは。
小池です。
S様邸の新築工事の外の壁の様子です。
防水シートを外壁の周りに張りました。
ベランダに張っていたものと同じですね。
P1000830.JPG
P1000833.JPG
この防水シートもとても大事です。
家の欠陥として挙げられるもので、多いのが水漏れですから、
しっかり張らないと、大変なことになります。
隅々までしっかり張ってあります。
防水シートの張り合わせ基準は100ミリ以上となっています。
そして、その上からサイディングも張り始めました。
P1000829.JPG
P1000835.JPG
外壁工事を行う職人がサイズに合わせて、サイディングをカットしていきます。
まだ一部ですが、とても良い具合に張られてきていますよ。
  家家家家家
室内は階段が設置されました。
通常はもう少し後に設置するのですが、
なんと明日は構造見学会!!
2階の様子もご覧いただきたくて、今回は特別に階段を少し早めに設置しました!
P1000811.JPG
P1000818.JPG
実はこの階段には秘密があります。
ちょっとびっくりするのではないかと思いまするんるん
楽しみですねぇ~わーい(嬉しい顔)
明日、実際に体験しに来てください。
6月13日(土)・14日(日)の構造見学会にぜひお越しください!
お待ちしております!!
ぴかぴか(新しい)S様邸をお借りして構造見学会を開催しますぴかぴか(新しい)
6月13日(土)・14日(日)午前10:00~午後5:00
詳しくはこちらをご覧ください。→http://www.takami-juken.com/information/index.html

練馬周辺で注文住宅をお考えの方はタカミ住建へ
→タカミ住建HP http://www.takami-juken.com/ 

メールアドレス info@takami-juken.com
 
フリーダイヤル 0120-956-900
電話番号 03-5935-1177
FAX番号 03-5935-1188



ベランダ工事の続きと床工事

こんにちは。
小池です。
先日、途中までご紹介したベランダ工事の続きです。
ベランダの床全体に床板が張られました。
ベランダの骨組みがしっかり取り付けられ、その上に三重張りに床版を張りました。
そしてその上に、防水工事が施工されました。
FRPの防水工事ですね。
モーターボートの側面などに使われている材質の物と同じ物が塗られているのです。
床と側面(下部)に塗られているのがわかりますか?
P1000776.JPG
そして、防水シートを張ります。
これを張ることで、さらに雨等からベランダを頑丈に守るのです。
P1000793.JPG
何度も言いますが、ベランダは雨漏りの出やすい場所のひとつです。
要チェックですよ!
   家家家家家
室内はフローリングが張られました。
フローリングに傷がつかないように、しっかりと厚みのあるボードを上からかぶせ、養生をしています。
P1000797.JPG
こちらは2階の床の断面図(?)です。
P1000801.JPG
24mmの厚さの床板を使用しています。
その上に、歩行による振動を防ぐために9mmボードを張り、その上にフローリングの板を張ります。
床の厚さは合計で45mmもの厚みができるというわけです!
この厚みがあれば、下に振動が伝わることが抑えられます。
2階の足音が下に響く家なんて、嫌ですよね。
2階に子供部屋を考えている方、二世帯住宅の方は特に気をつけてくださいね。
細部までこだわって家を造っています。
ぜひ、この床を見に来てください。
6月13日(土)・114日(日)の構造見学会にお越しください。
お待ちしております!!わーい(嬉しい顔)
ぴかぴか(新しい)S様邸をお借りして構造見学会を開催しますぴかぴか(新しい)
6月13日(土)・14日(日)午前10:00~午後5:00
詳しくはこちらをご覧ください。→http://www.takami-juken.com/information/index.html

練馬周辺で注文住宅をお考えの方はタカミ住建へ
→タカミ住建HP http://www.takami-juken.com/ 

メールアドレス info@takami-juken.com
 
フリーダイヤル 0120-956-900
電話番号 03-5935-1177
FAX番号 03-5935-1188



JIOによる構造検査

こんにちは。
小池です。
S様邸の新築工事の構造検査の様子です。
日本住宅保証検査機構(通称JIO)による、検査です。
JIOでは「瑕疵担保責任保険」という保険制度を導入しています。
それは、新築の住宅の構造体力上主要な部分や、雨水の浸入を防止する部分に対して、10年間保証するというものです。
もしJIOの検査によってその基準に達していない場合は、指摘を受け、やり直した上で再検査となります。
検査の様子です。
P1000760.JPG
P1000768.JPG
耐震金物がしっかり接合されているかなどを、隅々までしっかりチェックしています。
ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)結果は合格!!ぴかぴか(新しい)   
当たり前のことをきちんとやっていれば、問題はありませんわーい(嬉しい顔)
JIOの検査官が一言
「きれいな現場ですね。」
そうでしょう!わーい(嬉しい顔)
うれしい一言です。
それから、窓にサッシが入りました。
P1000761.JPG
P1000759.JPG
いいですね~るんるん
そうそう昨日、S様ご家族が現場を見に来られました。
ご主人と奥様は近くにお部屋を借りて住んでおられるので、いつでもご覧いただけるのですが、遠くに住んでいる娘さんご夫妻が、建築途中の様子をご覧になりたいということで、来てくださいました。
とても喜んでいただけたようで、こちらも一安心ですわーい(嬉しい顔)
当社の現場はいつでも見ていただけるようになっています。
工事の状況によって危険がともなうときは遠慮していただくこともありますが、いつでもおっしゃっていただければ、本当に大歓迎です!
(もちろん部外者は、勝手には中に入れませんよ。
 中をご覧になる場合は、連絡をくださいね。)
特にお施主様には、よーく見ていただきたいと思っています。
ご自分の家がどのように出来上がっていくのかを、しっかり見届けることって、すごく大事なことだと思うのです。
包み隠さずお伝えすることが、私たちの使命ですからね。
皆さんにも見ていただけるように、6月13日(土)・14日(日)には、『構造見学会』を開催します。
ぜひ、皆さんにも見ていただきたいのです。
どうぞお越しください。
心よりお待ちしております!わーい(嬉しい顔)
ぴかぴか(新しい)S様邸の現場をお借りして構造見学会を開催しますぴかぴか(新しい)
6月13日(土)・14日(日)午前10:00~午後5:00
詳しくはこちらをご覧ください。→http://www.takami-juken.com/information/index.html

練馬周辺で注文住宅をお考えの方はタカミ住建へ
→タカミ住建HP http://www.takami-juken.com/ 

メールアドレス info@takami-juken.com
 
フリーダイヤル 0120-956-900
電話番号 03-5935-1177
FAX番号 03-5935-1188



ベランダ工事

こんにちは。
小池です。
S様邸の新築工事は、絶好調に進んでいしますグッド(上向き矢印)
屋根の様子をお伝えしていませんでした。
雨が続いていたのでなかなか良いコンディションで撮影が出来なかったのですが、天気の良い今日撮影をしてきました!
P1000742.JPG
カラーベストコロニアルが葺かれました。
色はモスグリーンです。
このモスグリーンの色が、S様のお宅の良いアクセントになることでしょう。
建物の工事はベランダの工事に移っています。
雨ざらしにならないように、先日まで養生シートをかぶせていた部分です。
P1000739.JPG
S様のお宅を担当している大工は「小林」といいます。
彼の仕事はとても丁寧です。
しかも仕事が速い!
ベランダの工事も、もうここまで進んでいます!ぴかぴか(新しい)
(一人で、木工事全てを仕上げてしまいます!)
丁寧で、無駄のない仕事が出来る大工ということで、本当に信頼をしています。
S様邸でも、良い家を造ろうと、本当に頑張ってくれています。
ベランダの骨組みを下から見るとこんな感じです。
P1000731.JPG
大きくて太い梁(はり)をはね出しています。
何十年たってもベランダが下がらないように頑丈に造っているのです。
窓枠も仮に取り付けられました。
なぜ仮かと言うと、後日ベランダの防水工事を行うためです。
サッシの下まで防水工事がキチンと施工できるようにです。
防水施工後ここにサッシが入ります。
P1000741.JPG
ベランダの骨組みがしっかり取り付けられ、その上に床板が三重張りで張られていきます。
P1000757.JPG
ベランダってこういう風に出来ているんだと、思われた方も多いのではないですか?
床板が張られた後、FRP防水工事を行います。
(FRPとは、モーターボートの側面などに使われている材質の物と同じ物です。)
ベランダは雨漏りになりやすい場所です。
細心の注意をして作業しなければならない大事な場所なのです!
明日は、JIOによる構造検査が行われます。
構造が間違いなく、しっかり造られているか、第三者機関によって検されるのです。
これに合格することで、お客様にも安心してお住まいいただけるということになるのですわーい(嬉しい顔)
ぴかぴか(新しい)S様邸をお借りして構造見学会を開催しますぴかぴか(新しい)
6月13日(土)・14日(日)午前10:00~午後5:00
詳しくはこちらをご覧ください。→http://www.takami-juken.com/information/index.html

練馬周辺で注文住宅をお考えの方はタカミ住建へ
→タカミ住建HP http://www.takami-juken.com/ 

メールアドレス info@takami-juken.com
 
フリーダイヤル 0120-956-900
電話番号 03-5935-1177
FAX番号 03-5935-1188



構造用合板とシロアリ駆除

こんにちは。
小池です。
先週は後半からずっと雨でしたね。
やっと今日から、天気が回復してほっと一安心です。
S様邸の新築工事は、雨の中も着々と進んでいました。
今は大工による木工事が主な作業です。
外壁の部分に構造用合板を張りました。
構造用合板を張ることで、壁面の部分が強くなり、地震などの揺れにも威力を発揮します。
柱と土台をつなぐ、耐震金物もしっかりと取り付けられています。
P1000700.JPG
P1000714.JPG
そして、1階はこのように天井下地(野縁材・・・「のぶちざい」と読みます)を組んでいます。
P1000719.JPG
この野縁(のぶち)に石膏ボードを張り付けて、その後仕上げとなるクロス(壁紙)を張っていくわけです。
1階の様子です。
P1000718.JPG
今日はその後、2回目のシロアリ駆除剤を塗りました。
オレンジの部分がそうです。
前回は土台の部分に塗ったので、今回は柱と合板に塗ります。
壁の中に隠れてしまう部分です。
P1000729.JPG
ひとつひとつの作業が確実に行われて、少しずつ実際の家の様子に近づいてきています。
明後日から窓まわりの、サッシを取り付けていきますので、お楽しみに。(^^)
ぴかぴか(新しい)S様邸をお借りして構造見学会を開催しますぴかぴか(新しい)
6月13日(土)・14日(日)午前10:00~午後5:00
詳しくはこちらをご覧ください。→http://www.takami-juken.com/information/index.html

練馬周辺で注文住宅をお考えの方はタカミ住建へ
→タカミ住建HP http://www.takami-juken.com/ 

メールアドレス info@takami-juken.com
 
フリーダイヤル 0120-956-900
電話番号 03-5935-1177
FAX番号 03-5935-1188



屋根工事と床工事

こんにちは。
小池です。
S様邸の新築工事、屋根工事の続きです。
防水のフェルトの上にカラーベストコロニアルを葺いています。
この日はとても暑かったので、職人は大変です。
屋根工事は太陽が近いですからねぇ~。
  晴れわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
P1000687.JPG
カラーベストコロニアルは、見た目よりもかなり重さがあります。
ひとつひとつしっかりと取り付けていきます。
P1000690.JPG
    家家家家家
建物の中では同時進行で、大工が木工事をどんどん進めています。
柱と土台との接合部です。
ホールダウン金物という耐震金物を取り付けました。
P1000675.JPG
関西の阪神淡路大震災のときに,古い木造の建物が倒壊した理由の一つに、柱が土台から抜けてしまったということがありました。
そこで震災後、専用の耐震金物でしっかりと固定しなければならないということが、法律で定められました。
(私が建てた家は、その法律の前から耐震金物を取り付けていたので、やっと決まったかという感想だったのですが・・・。)
上の写真のように、全ての柱を金物で固定しました。
床にはポリスチレンの床板(ブルーの板です)を張りました。
P1000676.JPG
ポリスチレン板は、床下からの湿気防止になり、室内の断熱効果にもなります。
その上に床板を張っていきます。
この板の厚みは 24mm。
この板は本当に厚いですよ。
厚みがしっかりあるので、将来床がベコベコになってしまうという心配がありません。
P1000696.JPG
木工事もどんどん進んでいます。
ぴかぴか(新しい)S様邸をお借りして構造見学会を開催しますぴかぴか(新しい)
6月13日(土)・14日(日)午前10:00~午後5:00
詳しくはこちらをご覧ください。→http://www.takami-juken.com/information/index.html

練馬周辺で注文住宅をお考えの方はタカミ住建へ
→タカミ住建HP http://www.takami-juken.com/ 

メールアドレス info@takami-juken.com
 
フリーダイヤル 0120-956-900
電話番号 03-5935-1177
FAX番号 03-5935-1188



屋根工事(2)

こんにちは。
タカミ住建の小池です。
S様の新築工事は、先週末から屋根の工事をしていますが、その様子をお伝えします。
骨組みに野地板(のちいた)を張りました。
P1000651.JPG
そして、その上に防水用のフェルトを張りました。
P1000662.JPG
これで雨が降っても、家の中にはほとんど影響が出ないで済みます。
工事中に雨が降ってしまうと、木材が濡れてしまうと心配されるかとも多いと思いますが、柱などはすでに乾燥させて運ばれてきますから、それほど影響はありません。
だからといって、雨ざらしにするわけにはいきません!
お客様の大切な家です。
柱一本だっておろそかにするわけにはいきません。
しっかり注意をはらっています。
このシートはベランダの部分です。
P1000666.JPG
ベランダはまだ防水がされていないので、今は頑丈に養生シートで囲って、雨水の浸入を防いでいます。
ひとつひとつの心配りが、大切です。
練馬周辺で注文住宅をお考えの方はタカミ住建へ
→タカミ住建HP http://www.takami-juken.com/ 

メールアドレス info@takami-juken.com
 
フリーダイヤル 0120-956-900
電話番号 03-5935-1177
FAX番号 03-5935-1188



【施工対応可能エリア】
■東京都
練馬区・杉並区・西東京市・武蔵野市・三鷹市・調布市・ 小平市・ 国分寺市・小金井市・清瀬市・東久留米市・東村山市
■埼玉県
新座市・朝霞市・和光市・志木市・所沢市・富士見市・三芳町

タカミ住建TOPページ

〒 178-0064 東京都練馬区南大泉 5-27-21[アクセス]
TEL:0120-956-900(フリーダイヤル)
定休日:日曜・祝日
※定休日でも事前にご予約いただければ対応させていただきます