スタッフブログ|練馬・西東京・新座周辺の地域密着工務店のタカミ住建に家づくりの事はお任せ下さい!

タカミ住建 ずっと安心の家づくり HOME 資料請求・お問い合わせ
スタッフブログ HOME ブログトップに戻る

お風呂のリフォームです(2)

こんにちは。
タカミ住建の小池です。
浴室のリフォーム工事、前回の続きです。
いよいよユニットバスを設置します。
浴槽です。
P1100913.JPG
水栓やカウンター、シャワー、照明などが取り付けられるパネルです。
P1100922.JPG
ユニットバスは、あらかじめ工場でパネルや各部品がつくられ、現場に納品されます。
それを現場で、パネルに部品を取り付けたり、穴あけをするなどの作業をし、組み立てていくわけです。
組み立てや設置などの工事を行うのは、ユニットバスを専門に施工する職人です。
あっという間に組み立てられていきます。
初めに、床を取り付けます。
床の下にある排水管と接続したり、動かないようにしっかりと土間に設置します。
P1100920.JPG
壁や天井、浴槽を組み立て、それぞれをコーキングで接続していきます。
P1100926.JPG
今回の浴室は、今まで使っていた窓をそのまま使用するので、窓との調整に注意をはらいました。
特に、壁いっぱいに窓があるので、収まり具合には気を使いました。
P1100927.JPG
さすがユニットバス専門の職人たちです。
うまく収めてくれました。
完成です。
奥様のご希望だった、ピンクがかわいいバスルームが出来上がりました。
P1100976.JPG
浴槽のふたは、お風呂のお湯が冷めにくいふたを選ばれました。
ご家族で入浴時間が違うので、是非取り入れたいとおっしゃっていました。
工事の間の約1週間、お客様たちは近くのスーパー銭湯に行かれていました。
初めのうちは大きなお風呂や露天風呂を楽しまれていたそうですが、
さすがに後半は「もう飽きたよ。」
とおっしゃっていました。
スーパー銭湯も、たまに行くから楽しいのかもしれないですね。
長くお待たせしましたが、これからは新しいお風呂でゆっくりしていただけたらと思います。
スーパー銭湯のようにいろいろな種類があるわけではありませんが、やっぱりお風呂は家が一番ですよね。
のんびりと入っていただいて、一日の疲れを取っていただけたら嬉しいです。
練馬周辺で注文住宅やリフォームをお考えの方はタカミ住建へ
→タカミ住建HP http://www.takami-juken.com/ 

メールアドレス info@takami-juken.com 
フリーダイヤル 0120-956-900
電話番号 03-5935-1177
FAX番号 03-5935-1188



お風呂のリフォームです(1)

こんにちは。
タカミ住建の小池です。
先週の木曜日より、浴室リフォーム工事をしています。
施工前の浴室です。
腰下はタイル張りで上部壁はモルタル塗装仕上げのお風呂です。
P1100342.JPG
お客様は、冬場の浴室の寒さや、お湯がすぐに冷めることが気になっていたそうです。
また、土台のあたりから水が漏れているような形跡があり、ユニットバスへの
リフォームを決められました。
実は、リフォームのお話があってから、ショールームに見学に行かれ、具体的に
タイプや色を決めていただいたのは2か月前でした。
でも、まだその時は震災の影響ですぐには納品されず、しばらくお待ちいただくことになってしまいました。
お客様には大変ご迷惑をおかけしたのですが、やっと工事を行うことができるようになりました。
まず、浴室の解体です。
壁や床のタイル、天井等をはがしていきました。
浴槽以外全て、はがし終わったところです。
P1100837.JPG
そして浴槽と床(土間)の解体。
基礎と土台の様子が確認できるようになりました。
浴室はやはり土台や柱の状況が一番気になるところです。
水が漏れて、土台・柱が腐ってしまうことがよくあります。
P1100844.JPG
浴室の入り口は水が漏れていたようで、土台と柱が水にぬれ、腐り始めていました。
(一番水が漏れやすい部分です。浴室の入り口は、本当に要注意です!!)
すぐに新しいものと取り換えます。
しかし、その他の土台や柱はキレイな状態で、一安心。
P1100848.JPG
恐れていた白アリもいませんでした。
本当に良かったです。
次は水道管です。
鉄製の給水管で、以前はよく使われていたのですが、今は使われなくなりました。
それが腐食して、鉄製の給水管の継ぎ手部分が腐食して、そこから水が漏れていたようです。
P1100863.JPG
給水管を塩ビ配管に取り替えました。
随分スッキリしましたね。
P1100875.JPG
次の日に、その上からモルタルを入れ、土間をつくりました。
P1100876.JPG
この土間を乾かすのに半日。
乾いてから、次の作業に移ります。
翌日、大工さんと電気職人が入って作業を行いました。
土台と柱を新しくし、壁に合板を張っていきました。
P1100896.JPG
電気の工事も終わりました。
P1100899.JPG
明日はいよいよユニットバスを入れていきます。
2か月待っていただいたお風呂です。
工事が終わるまで残り2日ですので、どうぞ楽しみにお待ちください!!
練馬周辺で注文住宅やリフォームをお考えの方はタカミ住建へ
→タカミ住建HP http://www.takami-juken.com/ 

メールアドレス info@takami-juken.com 
フリーダイヤル 0120-956-900
電話番号 03-5935-1177
FAX番号 03-5935-1188



定期点検に行ってきました

こんにちは。
タカミ住建の小池です。
先週から、当社で家を建ててくださったお客様のお宅の定期点検がありました。
一件目は、今年の3月に完成したお宅の4ヶ月目の点検。
4か月ですからね、まだまだ新築同様で、
外回りから全ての部屋を見させていただきましたが、異常なし。
とても気持ち良く暮らしていただいているようで、安心しました。
P1100715.JPG
点検の時には、水回りの排水管をチェックします。
キッチンや洗面台の扉の中や床下で、水が漏っていないかをしっかり見ておきます。
P1100704.JPG
P1100709.JPG
大丈夫でした。
良かったです。
二件目は、完成後1年目のお宅の点検でした。
半年前に6か月点検で伺っていますが、ご夫婦とも変わらずにお元気なお顔で、
笑顔で迎えてくださいました。
水回りの点検と共に、室内建具や洗面台の扉の調整などをさせていただきました。
P1100596.JPG
建具等は夏の暑さ、冬の寒さ、湿気、乾燥と1シーズン(1年)を経験することで、
その家の環境になじんでいき、丁度良い加減になっていくんですよ。
三件目は完成後2年目のお宅の点検でした。
お客様ご夫婦とは1年ぶりにお会いしましたが、本当にお元気で、とてもうれしかったです。
こちらのお宅は、本当に2年も経ったのかわからないぐらい、きれいに掃除をされていて、いつも感心してしまいます。
「せっかくタカミさんに建ててもらったんだから、大切にしないと」
奥様はいつもそう言ってくださいます。
本当にうれしいです。
ありがとうございます!!
タカミ住建では、新築後定期的に点検を行っています。
点検はもちろん大切なことですが、なんといってもお客様にお会いできるのがとても楽しみなんです。
みなさんが笑顔で迎えてくださると、家をつくって本当に良かったなと心から思います。
お客様と点検をしながら楽しくお話をさせていただけるなんて、幸せなことですよね。
いつまでも良いお付き合いをさせていただきたいと思っています。
皆さま、ありがとうございます!
練馬周辺で注文住宅やリフォームをお考えの方はタカミ住建へ
→タカミ住建HP http://www.takami-juken.com/ 

メールアドレス info@takami-juken.com 
フリーダイヤル 0120-956-900
電話番号 03-5935-1177
FAX番号 03-5935-1188



和式トイレから洋式トイレに変身です

こんにちは。
タカミ住建の小池です。
会社の近くに住まわれているK様のお宅。
和式のトイレを洋式にリフォームしたいというお話を頂きました。
ご夫婦共に年齢を重ね、和式のトイレは少々大変になってきたご様子でした。
便器を取り換えるだけではなく、床の段差や壁のタイルを取り壊し、
トイレの室内をスッキリときれいに直すことになりました。
工事前の様子です。
年数は経っていますが、きれいに使われていたのだなという印象を受けました。
きれい好きな奥様なんですね。
P1100290.JPG
P1100291.JPG
通常トイレの工事は、なるべくなら1日で終わらせてしまうように心がけています。
何日もトイレが使えないのでは、やはり困りますよね。
でも、今回の工事は床や壁のタイルの解体工事があったので、
工事期間を2日間取らせていただきました。
1日目に解体作業を全て終わらせて、電気の配線工事をし、下地の合板を張り、
便器の取り付け工事までをやってしまいます。
工事中は近くの公民館のトイレを利用していただくことにして、
夕方には便器の取り付け作業も終わり、その日の夜にはちゃんと
ご使用いただくことができました。
お客様にも安心していただきました。
2日目にクロス(壁紙)と床のクッションフロアーを貼り、
手すりを付けて完成です。
和式のトイレから、洋式のトイレに大変身です!!
P1100430.JPG
P1100427.JPG
P1100429.JPG
トイレ工事は狭い空間での工事ですが、思っている以上にたくさんの職人さんが
工事に携わります。
今回は床やタイルの解体があったので、まず解体を行いました。
そして便器の取り付けを行い、水道関係の工事をする設備職人。
壁や床に合板を張るための大工さん。
コンセント等はもちろんありませんので、シャワートイレを使うための電気の配線を行う電気職人。
壁のクロス(壁紙)や床のクッションフロアーを貼る内装職人。
これらの職人が、順番に入り、それぞれの仕事をしていくのです。
トイレは狭いですから、同時に別の作業をすることができないので、
段取りをきちんとやらないと、大変なことになってしまいます。
トイレ工事といっても、細かい配慮が必要なのです。
お客様には、大勢の職人の出入りでご迷惑をおかけしましたが、
とても良くしていただきました。
洋式のトイレになったことで、奥様が大変喜ばれていました。
「手すりもついて、とても楽になりました。」
と、本当にうれしそうでした。
今回思いきってリフォームされたK様。
本当に良かったですね。
トイレは生活に必要な物ですから、少しでも快適に使っていただけたら、
私たちも本当にうれしいです。
練馬周辺で注文住宅やリフォームをお考えの方はタカミ住建へ
→タカミ住建HP http://www.takami-juken.com/ 

メールアドレス info@takami-juken.com 
フリーダイヤル 0120-956-900
電話番号 03-5935-1177
FAX番号 03-5935-1188



解体工事と月極駐車場(2)

こんにちは。
タカミ住建の小池です。
前回の続きです。
埼玉県富士見市のお宅を解体し、その土地を月極の駐車場にしました。
アスファルトを敷き、車止めを設置し、白線を描き入れました。
後は看板を取り付けるだけです。
看板は、軽量鉄骨で枠を作って、そこに取り付けます。
ちょっと大きめの看板になります。
P1100302.JPG
軽量鉄骨ですから、倒れてしまって誰かに怪我をさせてしまっては
いけないので、頑丈にするために、足はモルタルで固定しました。
これだけ頑丈にしておけば、大丈夫です。
P1100386.JPG
P1100387.JPG
取り付ける看板です。
みなさん、守ってくださいね。
P1100393.JPG
駐車場の完成です!
P1100390.JPG
立派な駐車場になりました。
駐車場を作るときに、「住宅街だし、借りる人がすぐに決まるかな。」なんて
話していたのですが、
なんと、駐車場を作っている最中に1台分が決まって、出来上がる直前に
もう1台分も決まってしまいました!!
これには持ち主の方も驚いていました。
思っていたよりも借りたい方が多かったということで、
本当に良かったです。
駐車場を作ったのに契約者が決まらないのでは、
なんだか申し訳ないですからね。
長く利用される駐車場であるように、祈っています。
練馬周辺で注文住宅やリフォームをお考えの方はタカミ住建へ
→タカミ住建HP http://www.takami-juken.com/ 

メールアドレス info@takami-juken.com 
フリーダイヤル 0120-956-900
電話番号 03-5935-1177
FAX番号 03-5935-1188



解体工事と月極駐車場(1)

こんにちは。
タカミ住建の小池です。
先日、埼玉県富士見市にあるお宅の解体工事を行いました。
別の場所に引っ越しをされて、今はだれも住んでおられないお宅の
解体工事です。
持ち主の方に相談を受け、そのまま残しておいても防犯的にもあまり
よくないのではないかということで、
思いきって解体をしてしまうことになりました。
解体後の土地は、月極駐車場にして有効活用です。
解体する前のお宅です。
長く住まわれていないので、家の前の木が大きく茂ってしまっています。
P1100078.JPG
家の中から順々に解体を進めていき、建物全てを取り壊していきました。
廃材などを全て取り除き、整地を行います。
P1100147.JPG
土の上に砂利を敷き、重機を使って、押し固めていきます。
P1100253.JPG
この状態で駐車場にしてしまってもいいのですが…。
砂利の駐車場を使ったことのある方はご存じだと思いますが、
雨が降ると結構大変なんですよね。
年数が経つとぬかるみや水たまりができて、タイヤも靴もドロドロに…。
でもね、舗装するのにはその分の費用がかかってしまうんです…。
どうしようかと持ち主の方といろいろ相談をしました。
そして、やっぱり舗装することになりました。
舗装してある駐車場だと、安心して使用していただけますよね。
気持ちよく使用していただければ、空き駐車場にならなくてもすみ、
安定した駐車場収入につながっていきますからね。
アスファルトを敷いていきます。
P1100263.JPG
アスファルトの敷き込みが終了しました。
どうですか、よい出来でしょう!
P1100266.JPG
ここに車止めと白線を描き加えます。
曲がってしまっては格好が悪いので、きっちりと出来上がるように、
目を光らせます。
P1100269.JPG
2台分の駐車スペースが出来上がりました。
乾くまで、立ち入り禁止です。
P1100277.JPG
住宅街の駐車場となるので、騒音や迷惑駐車等、気を付けないといけない
ことが出てくると思います。
そのために、看板も設置します。
せっかく駐車場を作ったのですから、お客様が困らないように、
長く使用していただけるように、細かく打ち合わせをさせていただきました。
看板ができたら完成です。
完成の様子はまた後日に。
練馬周辺で注文住宅やリフォームをお考えの方はタカミ住建へ
→タカミ住建HP http://www.takami-juken.com/ 

メールアドレス info@takami-juken.com 
フリーダイヤル 0120-956-900
電話番号 03-5935-1177
FAX番号 03-5935-1188



ベランダ防水工事

こんにちは。
タカミ住建の小池です。
先日、大きなベランダのあるお宅のベランダの防水工事を行いました。
劣化が進んでしまったので、新しく防水処理をすることになりました。
施工前のベランダです。
P1100015.JPG
所々浮き上がっている場所が発生していました。
今回施工したのが、「FRP防水」です。
ボートの船底や、プールの底・壁面にも使われています。
それぐらい防水効果が非常によく、耐久性も高いので、ベランダなどにもよく使われています。
FRP防水は、ポリエステル樹脂にガラス繊維などを組み合わせて一体にしたものを施工する防水工法です。
浮き上がった場所を平らに処理し、FRP防水を施工しました。
凸凹しているので、研磨をかけ表面を平らに仕上げます。
P1100039.JPG
この上にトップコートを塗って仕上げます。
仕上がったところです。
とてもきれいに出来上がりました。
P1100060.JPG
ベランダは雨漏りなどが心配な場所でもあるので、しっかりとした防水処理が欠かせません。
梅雨に入る前に工事をやろうと日程を組んだのですが、余裕の日程のはずが、今年は梅雨入りが非常に早く、ギリギリで間に合った…という工事でした。
(5月中に梅雨入りをするとは、びっくりしました!)
きれいに塗りかえられた広いベランダに出て、気持ちの良い時間を過ごしていただけたらいいなと思っています。
夕方から夜にかけて、ベランダに出て夕涼みなんていいですよね。
練馬周辺で注文住宅やリフォームをお考えの方はタカミ住建へ
→タカミ住建HP http://www.takami-juken.com/ 

メールアドレス info@takami-juken.com 
フリーダイヤル 0120-956-900
電話番号 03-5935-1177
FAX番号 03-5935-1188



灯篭(とうろう)と濡縁(ぬれえん)

こんにちは。
タカミ住建の小池です。
K様のお宅のお庭に置かれていた燈篭(とうろう)が、
3月11日の地震で倒れてしまいました。
K様の先代のお父様が大事にされていた燈篭で、新築のお庭にも大切に
設置させていただきました。
その大切な燈篭が地震で倒れてしまい、側にあったフェンスにぶつかり、
フェンスが曲がってしまったのです。
大きな事故にはならなかったので、良かったのですが、連絡をいただき
燈篭を元に戻して、フェンスを直すことになったのですが…。
この燈篭、動かすのが大問題なのです…。
P1080639.JPG
燈篭は石でできています。
でもこの石、とっても重いのです。
大人が3人がかりで持ち上げてもびくとも動かないのです…。
地震の後は余震が続いていましたので、少し落ち着くのを待って工事をすることに
なりました。
同じ場所に戻したのでは、また地震が来たら大変です。
フェンスにぶつかるようでは、何にもなりません…。
そこで位置を内側にずらすために、土台の石から動かすことになりました。
手配したのがユニック車。
人の力では無理なので、機械で持ち上げて動かしました。
(写真がないのですが、クレーン車のように重たいものを釣り上げて移動させることができます。)
完成した燈篭です。
P1100003.JPG
趣があっていいですね。
歴史を感じます。
最近では見かけることも少なくなったと思うので、本当に大事にしたいですね。
もう落ちることがないよう、大きな地震が来ないように祈るばかりです。
K様のお宅の和室の掃きだし窓には、濡縁(ぬれえん)があります。
風雨にあたり、かなり傷んでいました。
この濡縁も修理してしまうことになりました。
P1080690.JPG
修理をしたのは、なんと私です。
古い板を外し、新しい板と取り替えました。
P1090999.JPG
出来栄えは上々。
後日防腐塗料を塗り、仕上げをします。
私は大工ではありませんが、これぐらいの作業なら十分できます。
我ながら良い出来具合になりました。
大きな工事から小さな工事まで、なんでもやります。
来週も、頑張っていきましょう!!
練馬周辺で注文住宅やリフォームをお考えの方はタカミ住建へ
→タカミ住建HP http://www.takami-juken.com/ 

メールアドレス info@takami-juken.com 
フリーダイヤル 0120-956-900
電話番号 03-5935-1177
FAX番号 03-5935-1188



お見舞い申し上げます

こんにちは。
タカミ住建の小池です。
皆様、昨日の地震はいかがでしたでしょうか。
すごかったですね。
私はちょうど会社にいて、あわてて入口のドアを開けて外に出たのですが、本当にびっくりしました。
足場を組んで作業をしている現場では、大工達が皆足場に乗っていたそうで、下に降りることもできないぐらいすごい揺れだったと話していました。
でも誰も怪我もなく、地震の後もすぐに作業を再開したそうで、さすがプロ集団だなと、感心しました。
皆様はお怪我などなかったでしょうか。
被災された方々には、お見舞い申し上げます。
また昨日は、当社で家を建ててくださったお宅に連絡を入れたのですが、電話がつながらなかったため、今朝改めて電話をさし上げました。
皆さん「大丈夫ですよ。」という元気な声がかえってきました。
ほっと胸を撫で下ろしました。
そして「家の方も大丈夫です。」とも。
当社で建てた家は大丈夫、と自信がありましたが、やっぱりそう言っていただくと、「良かった~」と一安心しました。
しかしながら、お客様の中には電車が止まってしまい、帰宅できずに大変だった方もおられて、今回の地震のすごさを実感した次第です。
他には庭の燈篭(とうろう)が倒れてフェンスが一部壊れたという連絡が入ったり、瓦屋根を見てほしいという連絡も入り、一日中飛び回っていました。
まだまだ余震があったり、津波の映像が流れたり不安な状況かと思いますが、あわてずに行動していただきたいと思います。
それから電気の節電にもできるだけ協力しなければと思っています。
今私たちができることの一つだと思います。
お知らせです(1)
M様のお宅をお借りして、『完成見学会』を行います。
3月19日と20日の2日間です。
時間は午前10時から午後5時まで。
是非お時間を作っていただいて、木の香りが漂い、漆喰のさわやかな空気を感じに来て頂けたらと思っています。
家を建てようと考えておられる方に、是非ご覧いただきたいと思っています。
詳細はホームページをご覧ください。
http://www.takami-juken.com/information/index.html

お知らせです(2)
工事中の様子を実際に見ていただくということもできますので、
もしご希望がありましたら、当社までご連絡ください。
現場の様子を見ていただく機会などはあまりないと思いますので、
新築の家を建てようと思われている方は、ぜひ参考にされてはいかがでしょうか。
(見学会という特別な日ではない、普段の現場をご覧頂きますので、少々ホコリっぽいかもしれませんが、ご了承ください。)
自然素材で家を建てたいと思われていらっしゃる方は、特にお勧めです。
お問い合わせお待ちしております。

ぴかぴか(新しい)M様邸をお借りして完成見学会を開催しますぴかぴか(新しい)3月19日(土)・20日(日)午前10:00~午後5:00
詳しくはこちらをご覧ください。→http://www.takami-juken.com/information/index.html

練馬周辺で注文住宅をお考えの方はタカミ住建へ
→タカミ住建HP http://www.takami-juken.com/ 

メールアドレス info@takami-juken.com 
フリーダイヤル 0120-956-900
電話番号 03-5935-1177
FAX番号 03-5935-1188



3週連続ショールーム!!

こんにちは。
タカミ住建の小池です。
久しぶりにブログを書きます。(すいませんあせあせ(飛び散る汗)
今月の土曜日は3週連続で、お客様と一緒にショールームに行ってきました 車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)
1週目は新宿にある『ウッドワン』という会社のショールーム。
2週目は秋島にある『トステム』のショールーム。
3週目は江東区にある『トステム本社』のショールーム。
キッチン・トイレ・バスルーム・洗面化粧台・ドア・サッシ・・・
お客様が、どのような設備を入れるかを決める、大切な時間です。
色や形はもちろん、機能性などをしっかりと確かめていただき、ひとつひとつ相談しながら決めていきます。
当社では、お客様がショールームに行かれる場合、できる限り一緒に伺うことにしています。
そして、必要なアドバイスをさせていただいています。
結構、ひとつひとつ決めていくのってエネルギーがいるんですよね。
でも、お客さまにとってはワクワク・ドキドキの時間だと思いますわーい(嬉しい顔)
時間があっという間に過ぎていきます。
使いやすくて(掃除もしやすい!)設備がたくさんありますからね。
今回も、みなさんとても楽しそうに見て回られていましたわーい(嬉しい顔)
ウッドワンのショールームです。
向こうに見えるのは、ドアなどの建具の数々です。
P1020668.JPG
トステムのショールームで、お客様と一緒にバスルームの床の体感温度を確認しています。
バスルームの床は、冬でも冷たくないんですよ!!
P1060412.JPG
私たちは、決められた設備がしっかりと取り付けられ、良い仕上がりになるように、頑張っていきます。
施工後、お客様の喜んでおられる顔を見るのが、今からとっても楽しみです!!
練馬周辺で注文住宅をお考えの方はタカミ住建へ
→タカミ住建HP http://www.takami-juken.com/ 

メールアドレス info@takami-juken.com 
フリーダイヤル 0120-956-900
電話番号 03-5935-1177
FAX番号 03-5935-1188



【施工対応可能エリア】
■東京都
練馬区・杉並区・西東京市・武蔵野市・三鷹市・調布市・ 小平市・ 国分寺市・小金井市・清瀬市・東久留米市・東村山市
■埼玉県
新座市・朝霞市・和光市・志木市・所沢市・富士見市・三芳町

タカミ住建TOPページ

〒 178-0064 東京都練馬区南大泉 5-27-21[アクセス]
TEL:0120-956-900(フリーダイヤル)
定休日:日曜・祝日
※定休日でも事前にご予約いただければ対応させていただきます