スタッフブログ|練馬・西東京・新座周辺の地域密着工務店のタカミ住建に家づくりの事はお任せ下さい!

タカミ住建 ずっと安心の家づくり HOME 資料請求・お問い合わせ
スタッフブログ HOME ブログトップに戻る

東大泉M様邸の土台と基礎パッキンを設置しました

こんにちは。

タカミ住建の小池です。

 

 

東大泉のM様邸は明日上棟を迎えます。

上棟に向け、どんどん準備が進んでいます。

 

 

CIMG0612

 

基礎の上に乗せる土台を設置しています。

もちろん土台は桧(ひのき)です。

桧は腐りにくく、湿気にも強いので、土台など地面に近い部分に使う木材としては、特に適した材木だといえます。

 

 

 

プレカット工場から加工をされてきた材木に、大工さんが穴を開けています。

 

 

SONY DSC

 

 

この穴は、基礎をつくる時に設置したアンカーボルトという棒状の金物を通すためのもので、後ほど基礎と土台をボルトでしっかりと固定していきます。

 

 

M様邸の家を建てるのは髙橋さんという大工さんですが、お父さんと息子さん二人で仕事をしています。

 

 

先ほどの穴を開けていたのがお父さんで、下の写真の若い人が息子さんです。

息子さんが中心となって工事を進めてくれます。

物腰の柔らかい穏やかな性格の大工さんです。

 

 

SONY DSC

 

 

 

息子さんが持っていたのが基礎パッキンという部材です。

基礎の上に敷き詰め、その上に土台を乗せていきます。

 

 

SONY DSC

 

SONY DSC

 

 

基礎パッキンの間から空気が流れるので、床下の通気を効率よく行うことができます。

また、基礎と土台の間に置くことで、土台が直接基礎の上に乗らないので、土台の乾燥が保たれやすくなるという利点もあります。

 

 

 

 

土台が、格子状に配置されました。

基礎と土台もボルトでしっかりと固定されています。

 

 

CIMG0656

 

 

 

 

立ち上がりの基礎ないところは、鋼製束(こうせいづか)という部材で土台を受けます。

 

 

CIMG0657

 

 

 

この後、床の断熱材を入れ、床板を張りました。

 

 

CIMG0687

 

CIMG0691

 

 

明日はいよいよ上等です。

 

 

良い家づくりがいよいよ始まります。

M様もお仕事帰りに建築の様子をご覧いただいているそうで、ご家族皆様で本当に楽しみにしていてくださっています。

 

 

M様ご家族皆様のご期待にこたえるべく、一生懸命良い仕事をしていきたいと思っています。

 

 

これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。

 

 

練馬周辺で注文住宅やリフォームをお考えの方はタカミ住建へ
→タカミ住建 http://www.takami-juken.com/ 

メールアドレス info@takami-juken.com
フリーダイヤル 0120-956-900
電話番号 03-5935-1177
FAX番号 03-5935-1188

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【施工対応可能エリア】
■東京都
練馬区・杉並区・西東京市・武蔵野市・三鷹市・調布市・ 小平市・ 国分寺市・小金井市・清瀬市・東久留米市・東村山市
■埼玉県
新座市・朝霞市・和光市・志木市・所沢市・富士見市・三芳町

タカミ住建TOPページ

〒 178-0064 東京都練馬区南大泉 5-27-21[アクセス]
TEL:0120-956-900(フリーダイヤル)
定休日:日曜・祝日
※定休日でも事前にご予約いただければ対応させていただきます